ここでしか見つけられない、

あなたの器ご用意しています。

九谷焼窯元 きぬや Kutani-KINUYA


九谷オーバル,きぬや,九谷焼,山中温泉,オーバル皿,オリジナル
KINUYA

きぬやでは、ここでしか手に入らないオリジナルの九谷焼があります。

九谷焼窯元だからできる丁寧であたたかい器たちに触れてみてください。

山中温泉にご旅行の際は、ぜひお立ち寄り下さい。

CHECK ↘︎


九谷オーバル

九谷焼なのに洋食器?!

洋食器のような九谷オーバルシリーズは、きぬやの定番の人気商品。他にもさまざまなバリエーションがございます。▶GO


木地師が作るオリジナルのお箸もきぬやでなら手に入ります。

九谷焼との相性もGOOD♪

GO

 


シルクロ陶芸体験工房

2Fのシルクロ体験工房では、さまざまな九谷焼体験をすることができます!

メニュー詳細・ご予約

GO

ゆかたべさん人形

恋愛成就のお守りに。

浴衣娘(ゆかたべ)さん人形

は医王寺の御印入りの

お札付き。

詳しくはこちらから。▶GO


ここでしか買えないおわんさんのかわいいマイカップ!▶GO

OWANSAN × KINUYA

おわんさんの九谷焼マイカップ

おわんさんのオリジナルアニメにも出演中!要CHECKグッズ!


NEW ITEM!

今だけ!発売記念!

おわんさんランチバッグとの

プレミアムセッ発売中♪

2Fのシルクロ陶芸体験工房ではオリジナルのおわんさんマグが制作出来ます!

新商品 NEW ITEM!

その他の九谷焼へ▶GO


九谷焼作家作品も豊富

きぬやには、注目の九谷焼作家の作品も展示販売されております。一点ものばかりです。▶GO


加賀のおみやげ

加賀棒茶など加賀のおいしいおみやげたち。季節限定ものも。▶GO



NEWS ↘︎


おわんさんガイドブック発売中♥︎】

おわんさんがおすすめのSHOPや見所を紹介しているおわんさんおさんぽガイドBOOKにきぬや&シルクロ陶芸体験工房が掲載されております。

もちろん当店でも販売中。

WEBで同じ内容を無料で見る事が出来ます。

「おわんさん観光案内所」

https://team-owansan.jimdo.com/

 

おわんさん缶バッジプレゼント♥︎】

2017年2月1日(水)〜3月31日(金)

までガイドブックor WEB画面を見せて500円以上のお買い物で、オリジナルおわんさん缶バッジをプレゼント!!

他の店舗さんでは色違いであるので、回って集めてみてください。

※店舗につきなくなり次第終了


【当店5セット限定!】

おわんさんマグの発売記念、50セット限定

おわんさんランチバッグセットを

ご用意いたしました。 

シルクロ陶芸体験工房では、

オリジナルのおわんさんマグを

体験料+200円で上絵付けか貼り絵体験ができます。

おわんさんランチバッグセット 

…2,700円(税込)

おわんさんマグ単体 

1,620円(税込)


【お得な工芸パス】

シルクロ陶芸体験工房と木地師のお店mokumeで使えるお得なパスチケットが登場しました。

組合わせ自由!

2つの体験をすると2つ目が300円OFFに♪

工芸の町としての山中温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか。

http://kougei-pass.jimdo.com/

※工芸パスは店頭にてご用意しておりますが、

 右の画像を印刷してもご使用いただけます。

※お一人につき1枚のご利用です。

※二日間有効※同店にて2つ体験も有効です。

※ご予約をおすすめしております。

 

mokumeの木地挽き体験メニューは▶こちら

シルクロの九谷焼体験メニューは▶こちら

※画像をクリックすると

印刷ページにジャンプします。


GUIDE ↘︎


●九谷焼とは

きぬや,九谷焼,山中温泉,陶芸,体験

江戸時代の初期の明暦年間(16551660年)頃、後藤才次郎が、石川県山中町の山深い九谷村で窯を築いたのが古九谷の開窯とされています。

以来、加賀百万石文化の豪放華麗な美意識に強い影響を受け、九谷五彩とよばれる独特な美意識に強い様式美を築きました。

伝統を引き継ぎ、九谷焼窯元として、丁寧に器を作り続けてきました。

当店二階の工房では、陶芸体験を行うこともできます。


●山中温泉とは

きぬや,黒谷橋,山中温泉

開湯以来千三百年。絶えることなく湧き出ずるお湯と、格調高い文化の薫りがする山中温泉。松尾芭蕉を始め幾多もの文豪達がここには潤いと安らぎを求めて訪れました。

名所の一つ、大聖寺川に沿って在る鶴仙渓。その入り口に佇む石造りの橋「黒谷橋」。レトロな雰囲気はまるでタイムスリップしたかのよう。

きぬやは、この黒谷橋からすぐそばにあります。

お越しの際はぜひ黒谷橋にも。


黒谷橋近くには素敵なカフェも。

鶴仙渓の入り口、森の中に佇む「東山ボヌール」。

人気のビーフシチューや、森のケーキ、おしゃれなおみやげなど、どれも洗練されたものばかり。

鶴仙渓の環境保全にも参加されており、プロのカメラマンによる鶴仙渓の写真展やグッズなど、新しい鶴仙渓の歩き方を発見できます。

ぜひ、幸福な時間をお過ごし下さい。


鶴仙渓カフェ

東山ボヌール

open 9:00〜17:00

close 木曜日

http://www.higashiyama-bonheur.jimdo.com/